​ZEHとは

ゼッチと読みます。Zero Energy House の略です。
​政府は2020年までにZEHが新築住宅での標準となることを目指しています。
どのような家のことをいうのかというと、一年のエネルギー収支が下図のようになるように
​設計した家のことです。
 空 調 
 給 湯 
 照 明 
 換 気 
   など 
太陽光発電
    ​​など
​1年のエネルギー
光熱費が抑えられて家計に優しく、エネルギーの消費が減りCO2の排出が少なくなり、
地球にやさしい家ということです。

​ZEHを実現するには

一次エネルギー消費量をすくなくする!
住宅の性能・・・断熱性の良い材料を選ぶ
設備機器・・・エネルギー消費の少ないものを選ぶ
HEMS導入・・・HouseManagementSystem
        電気やガスの使用量をモニターの表示したり、
        家電機器を自動制御したりして、家庭で使う
        エネルギーを節約するための管理システム。
ZEHを実現するためには材料や機器の制約はありますが、国からの補助金(期限があります)が
受けられたり光熱費が抑えられる等のメリットがあります。
昭和ハウジングではZEH実現に向けて以下のように目標を掲げています。※カッコ内は実績
​29年度
​30年度
​31年度
R2年度
ZEH受託率
​注文
​既築
15%(0)
10%(0)
25% (0)
15% (0)
30%(0)
20%(0)
30%
20%
NearlyZEH受託率
​注文
​既築
20%(0)
15%(0)
20% (0)
15% (0)
25%(0)
20%(0)
25%
20%
合計
60%(0)
75%(0)
95%(0)
95%
R3年度
30%
20%
25%
20%
95%