良い家をお得に。様々な制度があります。

岡崎市産材住宅建設事業費補助金制度

  岡崎市内で伐採された木材である岡崎市産材を利用して、市内に自ら家族が居住するための新築・増築・

  改築する戸建住宅に対し、補助を行う制度です。

岡崎市木造住宅耐震改修工事補助金制度

  市が実施する「無料耐震診断」等を受け、基準に該当した住宅を対象に耐震改修費の一部を予算の範囲内で

  補助します。30年度の補助申請受付は4月1日予定。

住宅用地球温暖化対策設備設置費補助金

  住宅用太陽光発電システム、HEMS(家庭で使うエネルギーを節約するための管理するシステム)、

  定置用リチウムイオン蓄電池、エネファーム、V2H(車に蓄えた電池を家で使う仕組み) を設置

  する際に受けられる補助金です。 

すまいの給付金

  消費税引き上げによる負担を緩和するための制度です。所得により給付金の額がかわります。(最大30万円)

住宅ローン減税

  住宅ローンの金利負担を軽減するため、毎年、年末のローン残高の1%を所得税などから控除する制度です。

  長期優良住宅・低炭素住宅に認定されると控除額が増えます。

固定資産税の減額

   耐震改修・バリアフリー改修・省エネ改修・認定長期優良住宅の工事で基準に該当すると固定資産

  税が減額されます。

住宅性能表示制度

  住宅を買う時や建てる時に、住まいの性能を相互に比較したり、希望の性能を設計者・施工者に伝えることができ、
  望みどおりの性能の住宅を手に入れることができます。また、評価を受けた設計図面どおりに施工されているか、第

  三者による現場の検査がされるので安心です。制度を利用する際に費用がかかります。

  評価書を交付されると指定住宅紛争処理機関(各地の弁護士会)に紛争処理を申請することができます。(1万円/1

  軒) 地震保険の優遇もあります。

低炭素住宅認定制度

  市街化区域等内に新築を建てる場合に低炭素住宅と認定されると、住宅ローン減税や登録免許税の引き下げ等

  の優遇措置があります。

  

各制度を使用するにはそれぞれの基準があるので、詳細はご相談ください。